失敗した時 失敗ってやっぱり凹みますよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「いつもくろかめブログを読んでいただきありがとうございます。」

今日は失敗について

失敗って、仕事でもなんでここ失敗するかな?

ほんで落ち込みます・・・

50歳!今までいろんな事を経験しているのですが、いまだに失敗するんですよ・・・

そんな時、本やネットで失敗について調べたりします。

「仕事に失敗はつきものだ」どんなに仕事ができる人でも、実際は失敗している。

できる人は、失敗後のフォローが上手だったり、失敗を次に活かす行動を取っているので、失敗していないように見えている。

それはよくわかっているのですが、一つ失敗を乗り越えたら、また別の失敗が必ずくる・・・

完璧な人はいないってわかっていても失敗はなかなか苦しい・・・

でも落ち込んだままだと、次の仕事に支障をきたすのでなんとか打破しないといけない

こんな時どうしたらいいのか?

自分を責め続けてもいいことはない

反省・・・「自分の過去の行為について考察し、批判的な評価をする事。」

失敗を望んでする人なんて誰もいないですもんね!

反省をしたところで、その失敗が成功に変わる事ではないし、失敗をしっかり受け止めて、「どうすれば同じ失敗をしないようになるか?」を考えて、失敗を次に活かす事が大切なんだと思います。

そうなんですよね、わかっているんです・・・

でも失敗はほんと苦しい・・・

人間ってすぐには気持ちの切り替えができませんが、今失敗した事を苦しくても最後までやりきり、その事を終わらせる必要があるそうです。良好な結果でなくても最後までやりきり、「一度終わらせる作業が必要になる」

そうして失敗を認める事で、次に進めるそうです。

失敗を成功につなげるには

失敗して学ぶ、これを「教訓」といい、これが貴重な経験となる。

  • 失敗を受け入れ気持ちを切り替える
  • そこからの教訓を得る
  • 次の行動に教訓を取り入れる

失敗を教訓に変える方法は「教訓をメモする」と良いらしい。

このメモについても、自分の気持ちを反転させて回復するために必要なことなのですが、「忘れるためにメモを取る」といいそうです。「忘れるためにメモを取る、書く」

仕事で安定した成果をあげるには、気持ちのコントロールが必要で、集中力を高めるには自分のルーティーンなどを作って同じ動作を繰り返す事なども効果があるそうです。

とまあ・・・

今日は失敗について少し調べて書いてみたのですが、

この記事は、僕の失敗を「忘れるためにメモを取る、書く」そのために書いています。

失敗?これはうまくいかないということを確認した成功だよ

トーマスエジソンの言葉だそうです。

まとめ

失敗を認めるのは、言葉では簡単ですが現実は辛く苦しい、でもそれを経験し学び、教訓を実践していく事が大切な事なんだと思います。

誰にでも失敗はあるんです・・・

べる
べる

おで・・・
たまにしっこ失敗するでー

しぇりー
しぇりー

あーしは
ちっぱいしないもーん

良い結果を得るためには、失敗も重要な要素。あきらめずにトライアンドエラー「試行錯誤」を重ねて、目標に向かって頑張ろうと思います。

コメント

  1. […] 失敗した時 失敗って凹みます「いつもくろかめブログを読んでいただきありがとうございます。」今日は失敗について失敗って、仕事でもなんでここ失敗するかな?ほんで落ち込みます […]

タイトルとURLをコピーしました