フリーカメラマンのデスクトップPCにおすすめのUSBハブ7ポート

スポンサーリンク

「いつもくろかめブログを読んでいただきありがとうございます。」

撮影してきた大量のRAWデータを外付けハードディスクやSSDに保存したりするのに、最大5Gbpsの高速データ転送が可能なUSBハブをPCに付けて使っています。

RSHTECH 7ポートUSB 3.0 Hub アルミ製 USB3.0 ハブ 電源付き セルフパワー

このUSBハブは、電源を付けたセルフパワーPCの電源で使うバスパワーどちらでも使えますが、僕は安定して高速にデータの転送したいので電源を付けてセルフパワーにして使っています。

USBには独立したスイッチもついていて、各外付けハードディスクやSSDを直接抜き差ししなくても使えるスイッチがついています。

本体も鏡面仕上げのアルミケース製で長く使っていますが品質もいいと思います。

DC5Vはコンセントから、USB3.0はPCから

ハブ本体は、両面テープでデスクに固定して、こんな感じで外付け機器を接続しています。使っていない時は独立のスイッチで入切しています。

写真では見えないですが、各スイッチ横に青色LEDのインジケーターが付いていて電源が入っているかどうか一目で分かります。

このバブに別電源(付属の5V/2A電源アダプター)を使うのでコンセントの差込がひとつ必要になりますが、大容量のファイルの転送や、外付けSSDを接続してのLightroomでのRAW現像も安定して使えるので、セルフパワーのUSBハブがおすすめです。

USB C ハブ RSHTECH 4ポート USB 3.0 Hub Type C接続 OTG対応 セルフパワー バスパワー 両用 【アルミ製・独立スイッチ・5V/2A ACアダプタ付き】
Amazon.co.jp: USB C ハブ RSHTECH 4ポート USB 3.0 Hub Type C接続 OTG対応 セルフパワー バスパワー 両用 【アルミ製・独立スイッチ・5V/2A ACアダプタ付き】 : パソコン・周辺機器

コメント

タイトルとURLをコピーしました