Canon EOS R5 開発発表

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Canon 本気のフルサイズミラーレス一眼

先日、Canonから開発発表されたEOS R5!凄いカメラだ!

僕は現在、初代EOS 1DXと5D MarkⅣ 一眼レフを使用してスナップメインのフリーカメラマン(まだまだ駆け出し)をしています。

フルサイズミラーレスカメラ市場は、SONYが、性能含め全てにおいて一歩も二歩も先を進んでいて、CanonやNikon、他社からSONYに乗り換えられたユーザーも多い状況だと思います。

Canonも2018年にEOS R 2019年にEOS RPとフルサイズミラーレスカメラを発売して、フルサイズミラーレスとしての2機種のラインナップがありますが、どちらもシングルスロットで、大事な仕事の現場で使うには、バックアップ的な不安があるので、僕は購入せずに、ダブルスロットのある、初代1DXや5D MarkⅣ一眼レフを使用しています。プライベート用に小さくて軽いEOS RPは欲しいですが…

今回、開発発表されたEOS R5は、Canonのフルサイズミラーレスとして初のダブルスロット搭載のカメラで、プロユース、仕事でのの使用にも可能になり、5D MarkⅣユーザーとして、やっと使えるフルサイズミラーレスカメラが発表されたので、発売をとても楽しみにしています。とにかく発表されたスペックが凄いので価格も凄い事になるのではと思いますが!笑

新開発フルサイズCMOSセンサー

詳細は発表されていませんが、どんなセンサーを搭載してくるのか?

電子シャッター使用時最高約20コマ/秒

メカシャッター使用時最高12コマ/秒、最近発売されたCanonのフラッグシップモデルの1DX MarkⅢで、ファインダー撮影時最高約16コマ/秒、ライブビュー撮影時最高約20コマ/秒なので、R5の連写の凄さがわかります。僕の使用用途では、初代1DXの12コマ/秒でも十分すぎる連写速度なので、R5はフラッグシップ同等、スポーツ撮影などでも十分使えるカメラだと思います。

8K動画撮影

動画についてはよくわかっていないですが、4Kをすっ飛ばしていきなり8K動画撮影を入れてきたのもR5の突き抜けた凄いところではないでしょうか?

ボディー内手ブレ補正

キャノン初搭載!以前から噂で、CanonのデュアルピクセルCMOS AFがボディー内手ブレ補正との相性が悪いのでは?と言われていましたので、R5のAFシステムにも注目ですね。ISの付いていないレンズや、オールドレンズでの撮影にも効果大ですね。

デュアルスロット対応

デュアルスロットは、仕事としての撮影には今や必要不可欠です。メディアが何になるのか?SDカード?8K動画撮影ができるとの事なので、CFexpressメモリーカードになるのか?

クラウドプラットホーム

image.canonへ画像自動転送機能?コレについてもよくわかりませんが、撮影したデータが、専用クラウドに自動転送されるのか?バックアップとしてや、報道カメラマンなどが撮った写真をすぐにクラウドを介して使えるようになるのかもしれませんね。

R5背面の画像を見て、従来の一眼レフ同様にジョイスティックや、背面のダイヤルがついているのも、EOS使いには嬉しい仕様になっています。

正式発表を楽しみに待っています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました