正式発表されたフルサイズミラーレスカメラ[Canon EOS R5 R6]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「いつもくろかめブログを読んでいただきありがとうございます。」

先日7月9日の21時に待ちに待ったキャノンのフルサイズミラーレスカメラが正式発表!

前情報からスペックはなんとなくわかっていましたが、正式発表を見て凄いカメラが出たなーと思いました。

Canon EOS R5

[Canon]your EOS. EOS R5 特長紹介
約4500万画素CMOSセンサー、EOS初のボディー内手ブレ補正機構搭載。フルサイズミラーレスEOS R5の特長紹介ページです。

Canon EOS R6

[canon]your EOS. EOS R6 特長紹介
高速・高画質、新AF、4K/60P動画など、フルサイズミラーレスの新標準EOS R6の特長紹介ページです。

Canonユーザーとしていつも新製品の発表は楽しみでワクワクしてるのですが、今までのキャノンは「出し惜しみのキャノン」などと言われる事も多く、キャノンのカメラいいのはわかってても、他社のカメラと比較すると「なんでやねん」って事が多く、ユーザーの事考えてるのか?と思う事がおおかったのですが・・・

今回のEOS R5 ・R6はやっと出し切ってくれた凄いスペックでの発表になり、他社に浮気せず信じて待ち続けてよかったなーと、初めて嬉しい気持ちで正式発表を見ました。

EOS 1DXとEOS 5D MarkⅣの一眼レフを使っている身とすれば、レンズを含めて全てのシステムを一気にミラーレスのシステムに変更するには、予算的な問題から、簡単に変更はできませんが、今回の発表で徐々にでもミラーレスに数年かけて移行していけたらと思えるような、EOS R5 ・R6です。

今回の発表で一番嬉しかったスペックは

ボディー内手ブレ補正がやっとCanonのフルサイズカメラに搭載された事が一番嬉しい、以前レンズの手ブレ補正が自分の撮影にには必要だという記事も書きましたが、その一番欲しい機能がボディー内に入ったんです。手ブレ補正のないレンズを使った時でも恩恵がうけられるし、手ブレ補正のあるレンズと組み合わせると、さらに強力な手ブレ補正が効くとの事。

ボディー内手ブレ補正 世界最高8段の手ブレ補正効果

EOS初のボディー内5軸手ブレ補正機構を搭載。
IS非搭載のレンズと組み合せた場合でも、カメラとレンズの
組み合せに応じて、広角側から望遠側まで適切な5軸手ブレ補正※3を実行。
さらに、手ブレ補正機構を搭載したRFレンズ※4を装着した場合、
カメラとレンズの協調ISにより8.0段※2の補正効果を実現しました。
この強力な手ブレ補正により、長秒時撮影時でも手持ち撮影が行えるなど、
撮影領域の自由度がさらに広がります。

キャノンホームページより

※1 2020年7月8日現在発売済みのキヤノン製レンズ交換式カメラにおいて。キヤノン調べ。
※2 CIPA試験基準。RF24‐105mm F4 L IS USM、f=105mm時。
※3 2020年7月時点、RF600mm F11 IS STM/RF800mm F11 IS STMは非対応です。
EOS R5より前に発売されたレンズで協調補正を行うには、レンズのファームアップが必要な場合があります。
※4 全EF/RFレンズ対応(ただしシネマレンズを除く)。

このボディー内手ブレ補正で、使うレンズの選択肢が増えるし、暗い場所での手持ち撮影など写真も動画ともに使いやすいカメラになったと思います。

今回発表になったEOS R5・R6は素晴らしい機能が多すぎて、このブログにまとめる事はできませんが、自分が使うようになったら、使用感などブログにまとめたいと思っています。

EOS R5めっちゃ欲しいです!

どうしよう?ってなかなか買えないですが 涙

コメント

タイトルとURLをコピーしました